音楽

由紀さおり「夜明けのスキャット」の歌詞を読むー作詞家山上路夫ー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ピンク・マルティーニのリーダー、トーマス・M・ローダーデールが、オレゴン州ポートランドの中古レコード店で日本人歌手・由紀さおりのLPレコードをジャケ買いしたことから、2011年にiTunesカナダのJazzチャート第1位を飾る名盤「1969」が誕生しました。

1969 - 由紀さおり
1969 – 由紀さおり

トーマスは女性が一人横向きに座っているジャケット写真にインスピレーションを感じ、由紀さおりさんのカバー曲をYouTubeに発表したのでした。

「ル~ル~ルルル~♪」と美しい女性の声が実に印象的な「夜明けのスキャット」。

トーマスは由紀さおりさんの歌に、どんな女性像をイメージしたのでしょうか。

作詞家である山上路夫さんは1969年の日本レコード大賞において、この曲で作詞賞を受賞しています。

80字に満たない2番の歌詞部分のどこが評価されたのでしょうか。

スキャットの部分はもともと深夜放送のBGMとして制作され、作曲のいずみたくさんが由紀さおりさんに譜面を渡し、それに由紀さんが即興のスキャットで歌ったものが、リスナーの大評判になり、2番の歌詞をつけて発売したのだそうです。

では曲のタイトルも「夜更けのスキャット」のほうが、深夜ラジオを聴いていた人たちにとってはなじみやすいはずです、でも「夜明け」に変えたのは歌詞の中の物語上必然だったし、山上路夫さんのものすごいところなのです。

この曲は1番のスキャット部分と2番の歌詞部分で時間がひっくりかえっています。1番は夜明けを迎えた朝、2番は前の晩の夜です。

2番の歌詞は、夜、恋人たちが今まさに愛し合っている時間を歌っています。そして彼女は「愛し合う二人の時計はとまるのよ」「時計はとまるの」という願いにも似た歌詞で終わります。(このまま夜が明けなければいい。2人の間に時の流れなどない。愛し合う2人以外すべてが止まっている)

渡辺淳一先生の『失楽園』風に言えば「愛し合ったまま死んでもいい」という境地なのかもしれません。山上さんが歌詞の中で時間をひっくりかえしたのは、彼女が愛のために時間を止めたいと願っても、夜明けはどんな人にも等しく訪れるという意味が込められていると思います。しかしその夜明けは絶望的な朝ではありませんでした。愛に満たされた女性だけが知っている多幸感とともに夜明けを迎えます。それが1番の希望を感じさせるスキャット部分につながります。(一晩中愛を語り明かした2人にもう言葉はいらない。『愛し合う二人の時計はとまるのよ』答えは私の中にあるのだから)そんな思いを胸に、一人バルコニーでスキャットを歌う若い女性の姿がこの80字の歌詞から浮かび上がってきます。

タイトルが「夜更けのスキャット」では物語を壊してしまいます。では、歌詞を1番にしてスキャットが2番だったらどうなるか。歌詞の印象が強くなりすぎて、スキャット部分の効果が薄れてしまいます。また、当時のラジオリスナーはスキャットが聴きたくてこのレコードを買ったのかもしれません。そして、ラジオで聴いていたBGMに詞がついたことで、歌声と実際の女性のイメージがより明瞭に迎えられたのではないでしょうか。

本来は意味のない音であった「スキャット」にまで意味を持たせる山上路夫さんの優れた感性に、多くの人は心を打たれたのだと思います。

アルバム「1969」で由紀さおりさんは、ボサノヴァの名曲”Mas que nada”を日本語で歌っています。1から8まで数字を数えるだけなのにまあ色っぽい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ひとみ より:

    私もこの歌、歌声が大好きです。
    当時はまだ子どもだったけれど、あまりの綺麗さ、切なさに感動しました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。