美食めぐり

【門前仲町】”お招き屋Didean”れん銀茶とエゾウコギゼリー【薬膳料理店】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日、大阪のTちゃんがこっちに来ているというので、お友達のUちゃんと3人で、門前仲町にランチに行きました。

仲良しの友達と会っておしゃべりしたり、美味しいご飯を食べたり、おしゃれなお店に行ったりすることができて、めちゃめちゃ楽しかったし、でも以前とは違ってなんだか感慨深かったり、まだわたし治療中なんだけどやっぱり健康っていいなと、本当に夢のような時間を過ごしたのでした。

深川不動堂の参道で待ち合わせをして、さてどこのお店に行こうか、何を食べましょうかと相談しながら門前仲町を散策しました。実は、わたしにとって門前仲町は切っても切れない思い出の街です。10年近く前に富岡八幡宮の前に会社がありまして、1年ほど働いておりました。お昼ご飯のあとは必ず眠くなり、社員さんの前で舟をこぎながら寝ているという空前絶後のダメOLでしたが、上司にも女性社員の皆さんにも本当に優しくしていただきました。

働いていたときの記憶と、新しくなった門前仲町の街が交錯して、よけいにフワフワと夢を見ているような心持ちになったのかもしれません。

そこで、ちょっと面白いお店がありましたので紹介します。
お招き屋 ディデアン」さんです。
1.jpg
あやしいwww
お店の雰囲気はとても落ち着けます。おじさんとおばさんがもてなしてくださって、あったかい雰囲気です。とにかくお茶の種類が豊富。メニューの上から順番に飲んでいくと1ヶ月くらいは楽しめそう。わたしはれん銀茶にしました、以下はメニューからの引用。
2.jpg

れん銀茶(連翹+金銀花)
れんぎょうと抗ウイルス効果の生薬・金銀花(すいかずらの蕾)の組み合わせ。中国では風邪の季節には売り切れる銀翹解毒散の処方を基にしたお茶です。

エゾウコギゼリーも頼みました。
3.jpg

エゾウコギ
エゾウコギで元気倍増! 当店自慢のオリジナルスイーツ。エキス1日分(5g)が入ってます!!
エゾウコギは極寒の地に自生する多年生植物で、北海道にも生育しています。その根と茎をチップ状にしたものは古くから生薬として用いられ、滋養強壮の働きが強く、抗アレルギー、免疫力、抗ストレス力を向上させます。当店は中国産黒竜江省山奥に生えるエゾウコギを用い、現地でエキスを作って輸入しています。
当店はこの生薬でお客様に元気になっていただきたいという思いから誕生した薬膳レストランです。
ぞっこん惚れ込んだ自信商品。体の弱い方、元気が欲しい方、アスリートにもお勧めします。
エゾウコギゼリー………500円
エゾウコギエキス+コーヒー 700円
アフォガード…………500円
(バニラアイスにとろーり エゾウコギエキス)

れん銀茶はすっきりとしてとても飲みやすかったです。薬草の香りはスーッと抜ける感じで、苦さなどはありません。風邪のときに飲むハーブティーでは「エキナセア」が有名ですが、エキナセアの飲み心地がフローラルなら、れん銀茶はグリーンティーといった感じです。

お店イチ押しのエゾウコギゼリーはコーヒーフレッシュと一緒に出てきますが、まずはフレッシュをかけずに食べてみましょう。こちらは想像通りの薬草の味がしますが、フレッシュをかけるとそれが消されます。あら不思議。独特な薬草の味といっても、たしかにブラックコーヒーに近い感じ。そのままのほうが美味しいと思います。

エゾウコギエキスの販売もあります。
れん銀茶とエゾウコギゼリーで1,000円也。
獺祭の甘酒やお土産もいろいろあって、ちょっとこのお店はツボにはまりそうです。
4.jpg
お招き屋・ディデアン(Didean)
わたくし、最初はパッと見何屋さんかわからなくって、思いっきり通り過ぎてしまいました。

お店のご主人のブログを見ると、主な話題は「つぼくさ」です。お店の中にもインテリアのように飾ってあったし、店先にも株がたくさんあったので気にはなっていたのですが、「つぼくさ勉強会」「つぼくさ祭り」、つぼくさを食べて夏バテ予防?

つぼくさってなに? また謎が深まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。