豊洲市場

豊洲市場の見学会に参加しました(4)青果棟と地下水管理システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

豊洲市場の都民見学会リポート最終回です。前回の水産仲卸売場棟は豊洲6街区でしたが、長い渡り廊下を歩いて青果棟のある5街区に向かいます。素朴な疑問として、6街区の水産仲卸売場棟でお魚を買って、お野菜を買うために5街区の青果棟まで歩いて行くには距離的に遠くて不便です。そこで、東京都に聞いてみました。

わたし「お魚を買いに来て、お野菜も買いに行こうと思ったら、みなさんこの長い廊下を歩いて行かなきゃいけないんですか?」

東京都「魚屋さんで買い物をする人はですね、八百屋さんに、品物はあそこの魚屋さんに届けてと頼んでおいて、魚屋さんで野菜も受け取ると、そういうことは多々あります。それからここの通りはアンダーパスが通っているので、車で行けるんです」

東京都は、仲卸をマグロも切れない、店に商品を広げる十分なスペースもない狭い店舗に押し込んで、そこにお客さまから頼まれたお野菜を取り置いてもらえばいいと、青果棟が遠い不便さを一店舗のサービスで補ってもらおうと思っているんでしょうか。

企業間取引で利用するお客さまに対して豊洲市場は使い勝手の面で築地市場より優れていると言えるんでしょうか。青果棟は連絡ブリッジでゆりかもめの市場前駅とつながっています。公共交通機関の利用を推奨しているのか、車で来ることを想定しているのか、どっちつかずの印象を受けました。

5街区には他に小口買参棟、通勤駐車場棟、ガソリンスタンド用地、千客万来施設用地があります。青果棟の主な用途としては、1階が卸売場・仲卸売場・小口買参積込場、2階が仲卸事務所・見学ゲート、3階が加工パッケージ施設・荷捌場になります。また、地下ピットの溜水の問題でよく報道されていた、モニタリング井戸・揚水井戸、排水施設棟(地下水管理システム)があります。

青果棟

yososu_s1.jpg

見学者が楽しめるようさまざまな展示があります。2階の見学デッキは柱の一本一本に旬の青果がわかるよう色分けしてあります。たとえば4月はいちごで赤、5月はわさびで緑、6月はさくらんぼの桃色という具合です。

2階から1階の仲卸売場を見たところ。もう看板に名前が入っている店舗が多いです。

1階へ降りてきました。青果仲卸売場と卸売場を挟んで、自動立体低温倉庫があります。また、”Fresh Labo”と書かれた黒いお洒落な建物は、産地の方が直接来店して食べ物をPRするところだそうです。青果棟のマンホールも凝っていて、中央に稲やぶどうの絵が彫ってあります。

さて、そのマンホールの写真を撮ろうとしたら気がついてしまいました。青果棟の1階はヒビ割れがひどいのです。

青果棟1階の床はヒビだらけ

コンクリートの伸縮目地の真ん中に幅1~2mmのヒビがきれいに入っています。

T字にヒビが入っているところと上部のヒビが入っていないところを見比べてみましょう。

仲卸店舗の後ろの柱の下にもヒビが入っています。

前にも書きましたが、東京都のガイドがかなりの早さで見学ルートを進んでいくので、わたしはついていくのにしばしば走らなければなりませんでした。十分な時間がない中でも、コンクリートのつなぎ目にあたる目地部分のヒビは高い確率で発生しているのが見てわかりました。その目地部分からコンクリート部分へヒビが伸びている箇所も複数あります。これはもしかしてと思い、目地には関係のない大きな柱の下を見たら、やはりヒビが入っているのです。一体どうしたことでしょう。

わたしは江東区のゼロメートル地帯で育ちました。地盤沈下によるヒビは見慣れているはずなのですが、青果棟のヒビはあまりにひどくて驚きました。1年延期されたとはいえ新築物件で床がヒビだらけというのは、建材の仕様で済まされる問題ではありません。早急に専門家による全体の調査をして、被害の状況と原因を追究し、ちゃんと補修すべきレベルです。東京都にはこの状況を都民に公開し、然るべき対策を講じて欲しいと思います。

地下水管理システム

報道で「地下水管理システムが作動すれば地下ピットの溜水も有害物質も除去できる」とされた地下水管理システムを見学しました。駐車場脇の小さなボイラー室みたいな建物の中へ入り、地下へ階段を下りていくと、最先端の科学施設があるわけです。toyosu_s7.jpg

タンクの中には医薬用外劇物が入っているんですね。なんだか恐ろしいですね。

まとめ

豊洲市場の都民見学会は「豊洲市場はこんなにきれいなんですよ」「ハイテクすごいでしょう」「屋上庭園気持ちいいでしょう」「報道で言っていることは全部改善済みです」「早く開場したらいいのにってSNSに上げてくださいね」という目的で開かれているのでしょう。わたしと一緒に見学された方もほとんどの方が豊洲市場に対して良いイメージを持って帰られたと思います。

しかし、たとえば新築マンションのキッチンにカビが生えたり、排水溝はサビていて、床にヒビが入っているような物件にわざわざ引っ越したいと思うでしょうか。見栄えの良さに騙されて、拙速に物事を進めてもろくなことはありません。

東京都の人は「豊洲市場は来年の10月中旬に開場します。これは業界団体と既に合意したことです」と断言していました。江東区長も築地女将さん会のみなさんも納得していないにもかかわらず、とにかく早く築地市場を移転させたい、全てはそれからだ、という東京都の思いが伝わってきました。

豊洲市場を実際に見学した者として断言します。

わたしは築地市場の豊洲移転に絶対反対です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 足立英作 より:

    はじめまして、足立と申します。
    4回に渡る記事を拝読させて頂きました。実に感銘、勉強をさせて頂きました。
    実は、昨年の6月ごろから都庁前で築地市場の豊洲移転反対を訴えるスタンディングを始めました。しかし、昨秋に妻の子宮体癌が判明し、11月の開腹手術、1月からの化学療法ということでスタンディングの行動からは離れています。スタンディングは有志のみなさんで続行していただいています。そのお一人から、こちらのブログを紹介いただきました。
    築地のこと、豊洲のこと、そして何より婦人科系癌の化学療法治療中とのことで共感しております。
    もともと、体が弱い妻でしたので、化学療法の副作用も筋肉痛として出ており日々マッサージを繰り返している次第です。お母様の介護もされているとのこと。その大変さはお察しするに余りあるものと実感しております。
    ところでTwitterにて今回の4回に渡る記事を拡散させていただきたく存じます。ツイートは、1時間に1回の定時ツイートをさせていただきます。いかがでしょうか。支障があれば、ご指摘願います。
    (定時ツイート)
    【拡散希望】築地市場の豊洲への移転問題について、実地の見学にて深く掘り下げた、4回に渡る必読のブログ記事です。ブログ『犬と散歩する』~豊洲市場の見学会に参加しました~ http://www.inutosanposuru.in.net/article/455205614.html
    今後もよろしければ、情報交換ができればと存じます。
    よろしくお願い申し上げます。
    以上

  2. 部長 より:

    足立英作さま
    身の引き締まるコメントをありがとうございました。
    まず、奥さまにお見舞い申し上げます。
    化学療法による筋肉痛はわたしも経験しましたが、体中の激痛に加えて指の関節まで強張って動かなくなります。治療中はさまざまな副作用に襲われて、お気持ちも塞ぎ込みがちになるかもしれませんが、希望だけは失わずに頑張りぬいていただきたいです。
    ご主人も病気の奥さまを支えるのはお辛いと思いますが、時にはご自分の息を抜くことも忘れないで、奥さまの力になってあげていただきたいと思います。
    さて、豊洲市場ですが、わたしはこの問題が発覚した当初からすでに病気になってしまいましたので、さまざまな抗議集会の情報を見ては、参加できない自分に悔しさを感じていました。
    足立さまが、都庁前スタンディングに参加されたときにわたしのブログを参加者の方から紹介されたと知って、大変驚いたとともに恐縮してしまいました。
    Twitterで拡散してくださるとのお話も
    「わたしでいいんですか?」という感じで、びっくりしています。
    ですが、わたしのブログが都庁前スタンディングに参加されている皆さまや築地市場を守ろうとしている皆さんのお役に立つことがあれば望外の喜びでございます。まだまだ不勉強なまま書いた記事でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いいたします。
    今後の情報交換はTwitter @inutosanposuru 部長 までお送りください。
    どうもありがとうございます。

  3. はじめまして。
    上記コメントの都庁前スタンディングに参加しているイケガミといいます。
    築地関連では「築地でええじゃないか!かわら版」の制作を担当しており、築地で観光客などに配布したりしています。
    一連のレポート、大変丁寧に書かれていて、非常に参考になります。都民見学会といういわば推進側のイベントニ参加するだけでも、充分に問題点を指摘することができるほど、豊洲新市場の欠陥はあまりに大きいものだと感じます。カビやヒビもよく発見していただいていて、写真をみんなで共有しています。
    東京都は、今回一般向けの見学会イベントを行います。せっかくなので、移転反対しているみんなで実際に見て、欠点をどんどん指摘しよう、ということで、以下の企画をいたしました。みなさんに部長様の記事も参考にしていただきたく、記事中にリンクをさせていただきました。
    http://tsukiji-a-kawara.hateblo.jp/entry/2018/03/21/145524
    おことわりが遅くなってしまい、申し訳ありません。
    今回のイベントは都民見学会ほどいろいろ見られないので、部長様の記事で補ってほしいという思いで紹介させていただいたものです。
    よろしくおねがいします。
    末筆ですが、私も母の介護をすることになってしまい、慣れないことだらけでばたばたしています。豊洲の問題にしてもなんにしても、現場に行くとか抗議することもひとつの手段ですが、その場に行けなくても、調べたり発信したりすることは、丁寧に正確に行えば、同じくらい効果のある行動だと思います。この豊洲のレポートはアーカイブとしての価値があります。今後ともみんなで共有して、参考にさせていただきたいと思います。
    「築地でええじゃないか!かわら版」編集部:イケ

  4. 部長 より:

    築地でええじゃないか!かわら版編集部
    イケガミ様
    ご連絡ありがとうございます。光栄でございます。細々とつづけているブログですが、見ていただきたい方にちゃんっと届いていたんだなあ、伝わるんだなあとありがたい気持ちでおります。
    「築地でええじゃないか!かわら版」のブログを拝見しまして、Twitterでは25日の豊洲ツアーの事前告知やブログリンクなどの拡散リツイートで応援させていただきました。また、当日もツイキャスや#築地でええじゃないかのハッシュタグのついたツイートを拝見させていただきました。
    今後とも微力ながら皆様の活動を応援させていただきたいと思っております。
    また、お母様の介護をなさってらっしゃるとのこと、わたしから申し上げられるのはケアマネやヘルパー、包括支援センターなど、使えるものは全て使いましょう。一人で抱え込まないことが大切です。なかなか難しいですけれど。
    豊洲ツアーに参加された皆様、お疲れさまでした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。